カタ・ログ


私の生活と家づくり
by k-soukensya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

どうしたらいいの?

今朝、下のような記事が出ていた。東京都の練馬区で「隣地に接する窓には目隠しをつけるように」との判決が下ったというもの。

都内で計画している物件のほとんどは狭小地である。
旗ざおの敷地などは四方を建物に囲まれ、その中で精一杯に気持ちよく過ごせるための場所を作り出そうとしている。もちろん周囲にも気を使いながら・・・

しかしながら今回の判決では敷地境界から1m以上離れなければ開放された窓は付けられたという結果が示されている。曇りガラスでもダメだという。

確かに民法でそう決まっているから・・といえばそれまでだが、現状の不動産売買の在り方からすると四方目隠しで囲えということなのだろうか?

人が集まって住む。プライバシーの侵害・騒音・・・近隣問題は尽きない。
皆同じ条件のところに寄り添った人々なのだから、もっとお互い様の気持ちを持てないものなのだろうか?

どうしたらいいのだろう?答えは民法にしかないのだろうか?

 産経新聞記事:
東京都練馬区の男性が「自宅がのぞかれる位置にある隣家の窓をふさいでほしい」と求めた珍しい訴えが東京地裁に起こされ、同地裁が男性の訴えを認め、隣家の一階台所と二階居室の窓に、合成樹脂などで視界を遮断する「目隠し」の設置を命じる判決を言い渡していたことが二十八日、分かった。
 民法では、他人宅の敷地境界線から一メートル未満の場所に、他人宅を眺めることが可能な窓を設置する場合、目隠しをしなければならないとする規定がある。判決によると、原告宅に面している隣家の台所の窓は、原告の敷地境界線から九十九センチ、二階の部屋の窓は九十五センチだった。
 杉浦正樹裁判官は「隣家の窓は、原告の家を眺めることができる構造になっており、原告は自分の家がのぞかれる可能性があることに強い不安感を覚えていた」と判決理由を述べた。
 隣家の住民は「二階の居室は窓の付近に家具があってカーテンは閉め切っている。一階の台所の窓は曇りガラスで外は見えない」と反論したが、「家具は容易に動かすことができるし、曇りガラスやカーテンも掃除や換気のために開けることがある」と退けた。
(産経新聞) - 10月29日2時54分更新
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-29 14:05

引越し

先日建物が解体された現場。
建物はすっかり跡形もない。庭木だけが取り残されていた。

新しい計画ではいままでより庭の面積が小さくなってしまう。
そのため梅やもみじなどを残し、移植作業を行った。

3mを越す白梅。根っこも深い。
職人さんがすっぽり入る深い穴が掘られ根巻きされた。
どうか新しい場所でもかわいい花を咲かせてほしい、彼女の生命力を祈るだけだ。
e0058874_22331238.jpg























残念ながら伐採されることになった菊をもらって帰った。
おまけにバッタも付いて来たのだが、仕方なく途中下車をお願いした。
交通事故にあわずに済んだかな・・・・
e0058874_22355266.jpge0058874_22362231.jpg
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-24 22:38 | 家づくり

時代ですか?

現在私が使用しているPCはなかなか高性能らしい。
ダウンロードも画像処理もスススーと進んでくれる。

実はDVDも見れるとのことだが、いまだ使用しておらず、いつか何か見てやろうと思っている。
CMでも広告しているようにいまやPCでTVを見たりするのが当たり前になっているのだろうか?

先々週の話になってしまうが、池上本門寺の御会式というお祭り?に行った時。
改修中のため足場に囲まれた本堂、その仮設足場の中央では・・・・
なあんとネット中継の仮設スタジオが設置されていたのだ。

階下ではみんな大盛り上がりでドンチャカヒョロローっと踊りまくっている。
それを横目に坊さん一人PCに向かってがんばっているのだ。

それほどまで・・・・・・

もちろん御会式は想像以上のものだったが、中継するほどのものだとは・・・・
ビール片手に思わず坊さんに注目してしまった。
e0058874_22134897.jpg
e0058874_22135764.jpg
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-24 22:17

怪獣大活躍2

さて重機の活躍はまだまだありますが、こいつがなかなかです。
解体時に活躍します。

もうバリバリと解体する様は、怪獣そのもの。モデルがあるんでしょうか?

ロボットなどの機械の動きを考える際は動物の運動力学?(というんでしょうか?)を研究し、真似すると聞きます。

e0058874_1364289.jpge0058874_1365453.jpg
















本日のメインデッシュ如何だったのでしょうか?ちょっと固かったかしら・・
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-23 13:07

怪獣大活躍

設計した建物が立ち上がる日は心躍るときです。
頭の中で膨らんだ想いがドワーンと姿を見せます。

建て方時私は何も出来ない一傍観者の立場にあります。
でも映画鑑賞のように、ずっと始終見ていたいので、時間が許す限り立会います。
見所はやはり午後2時~4時くらい。クライマックスですね。
梁や棟木や大物が上がるのはワクワクしてしまいます。

建て方時に活躍するのは大工や鳶さんだけではありません。
大きく首を伸ばし、レッカー車が材料を運び上げます。

e0058874_12562036.jpg
ん~もう、あんた達邪魔だよっっ!電線は天敵です。e0058874_1257611.jpg
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-23 13:03

先週の出来事3

「先週の出来事」

3. そのまた翌日、誕生日がやってまいりました。ん・・・・回目

そしてまた翌日出社した私を待っていたのは・・・これだ!!
e0058874_19343296.jpg

いくつになっても、これだけはうれしいですね。
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-10 19:35

先週の出来事2

「先週の出来事」

2. その翌日、結婚式をあげました。

うれしはずかし、ちょっと秘密にしておきたかったのですが・・・
ダイエットにも成功したので・・・ちょこっとだけご披露e0058874_19222468.jpg

e0058874_1930278.jpg



二次会には創建舎スタッフも参加いただきました。
ありがとうございました。ん・・・・・・次はだ~れかな?
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-10 19:31 | 家づくり

先週の出来事1

この一週間あまり、てんやわんや盛りだくさん。
何からお伝えするべきか・・・ブログ停滞・・・
おしかりの声を受け「先週の出来事」でご報告させていただきます。

1.10月1日  先日上棟を終えた家の上棟式がありました。
お二人のお子さん(+うちの営業さんも!!)は大はしゃぎ。
御主人も今日だけはお酒解禁!!と、とってもにぎやかな式でした。
e0058874_18575270.jpg
e0058874_1858272.jpg


創建舎名物?になりつつあるボルト締めの儀式や構造材への記念サイン。(この日はなぜかイラスト大会。馬ありコロ助ありのサイン会となりました。)
やっぱりこの絵が一番かな?
[PR]
by k-soukensya | 2005-10-10 19:00 | 家づくり


最新のトラックバック
建築士定期講習に異議あり
from 建築士の日々
あとが大変!
from はたけしごと
晴れやかに
from 仮)あおばのいえ
感激です!
from はたけしごと
今年も咲きました。
from はたけしごと
小さな施主主催のホームパ..
from 中里のひとり言
お別れいたしました。
from 中里のひとり言
見ててくれ!
from はたけしごと
竣工検査
from 中里のひとり言
小さな施主よりのレター
from 中里のひとり言
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧